コンセプト

日本の英語学習者は、様々な動機で英語を学びます。資格を取りたい、入試に受かりたい、就職・昇進試験で有利になりたい、外国人と付き合いたい、語学プロになりたい…そして、そのためのメソッドが多数生み出され、喧伝されています。

しかし、これらの動機や目標を達成するためは、すべからく「基本的英語力」が共通の要件となっています。基本的英語力とは、具体的には語彙力、文法力、発音、読解力、リスニング力、背景知識、論理力、などの総合のことです。

こうした基本的な力をつけるために、有効な学習法が「有名英語スピーチ暗唱」です。すぐれた英語演説には、上述の英語力を身に付けるためのエッセンスが満載されており、まさに「生きた教材」です。これを丸ごと頭にインプットしてしまおう、というのが暗唱の目的です。

こうした学習法は、古くからあるものですが、PEP英語学校の講座は、このメソッドに新たな命を吹き込みました。漠然と英文を丸暗記するのではなく、文法、語彙、発音、知識、などそれぞれ明確な目標をもち、個別の教材を開発・利用し、十分な「理解」をした上での「暗唱」を目指します。

有名英語演説は、一般的にはかなりの分量があります。こうした英文を「丸暗記」するだけの記憶力に自信がない、と言われる方もいるかもしれません。しかし、心配はいりません。「暗記が苦手だ」と言われる方は、実は「盲目的な丸暗記が苦手だ」というだけのことで、物事を「理解」する力に優れていることが多いのです。本講座では「十分な内容理解」を前提に暗唱を進めますから、たとえ「年齢的に丸暗記はちょっと…」と言われる方でも、それまで培われてきた知識、理解力、判断力を活用して、無理なく多量の英文を暗唱することができます。講座を修了する時には「自分の頭に、これほどたくさんの英文が入る容量があったなんて!」と驚かれることでしょう。

英語演説を教材として使用することの最大のメリットは「教材に大人の知的探究心を満足させるだけの内容があり、学習自体が楽しい」ことです。文法や発音のテキストに掲載されている英文を丸暗記するのは、その英文に内容が乏しいため、学習者は退屈して勉強をやめてしまうことが多々あり、結局学習効果が上がりません。この点、有名英語演説は、もともと英語圏の成人に向けて発信された一定量のメッセージであるため、英語自体の他に内容に対する学習者の知的欲求を十分に満たす教材となり得るのです。歴史の評価に耐えた珠玉の英文を「十分な理解」と共に頭にインプット完了し、歴史的スピーカーに「なる」ことができた時、学習者は、それまで学校等で学んできた文法、語彙、読解などの知識が活性化され、飛躍的に英語力が高まったことを実感されること間違いありません。

英語演説暗唱は誰にでもできます。下は高校生ぐらいの知識があれば十分であり、上限は全くありません。ぜひ、英語スピーチの暗唱により、楽しく英語力を養ってください。

講師は、校長の杉森です。校長のプロフィール

講座内容等

1.個人レッスン

個人レッスンであるので、学習者は先生を独占でき、質問も自由にできます。また、学習者個人の必要性に応じてレッスンの内容をカスタマイズできます。たとえば「発音の矯正を重点的にやりたい」とか「英文の文法的説明が聞きたい」などの要望を自由に組み込むことができます。

こうした個人レッスンは、従前、費用の点で実現が難しかったのですが、インターネットを用いた無料テレビ電話Skypeを活用することにより、廉価に個人レッスンを実現しました。Skypeはまた、経済的壁だけでなく、地理的、時間的壁も取り払い、誰でも好きな時に個人レッスンを受けることが可能となりました。

2.豊富な教材と解説授業

従前、暗唱の教材といえば、本文テキストと訳、音源、語句注釈、ぐらいしかありませんでした。しかし、本講座では、これ以外に、文法テキスト、語彙暗記用の携帯テキスト、背景知識解説、小テスト、暗唱のコツ、など豊富な副教材が準備されています。そして、こうした教材に基づき、単なる英語の授業に飽き足らない大人の学習者の知的興味に十分に答える解説授業が展開されます。

豊富な教材

3.修了時の達成感と満足感

ひと通り、1つのスピーチを仕上げたら、最後に修了試験を行います。これは、受講者が、先生の前で実際にスピーチを暗唱して評価を受けるものです。合格者には修了証書が渡されます。このように「やりっぱなし」にするのではなく、キチンと達成度を確認・評価することにより、学習者に自己のレベルアップを実感してもらい、次の学習段階への意欲を養ってもらうことを目指します。

豊富な教材

コース

1.“I HAVE A DREAM” By Martin Luther King

アメリカ公民権運動指導者であるマーチン・ルーサー・キングが1963年に行った、世界的に有名な歴史的演説です。

Martin Luther King
2.“Yes We Can” By Barack Obama

米国大統領バラク・オバマが2008年に行った勝利宣言演説です。
“Hello, Chicago” “Yes, we can.”が有名になりました。

Barak Obama
3.“J. F. Kennedy’s Inaugural Address” By John F. Kennedy

米国大統領ケネディが1961年に行った就任演説です。
“Ask not what your country can do for you. Ask what you can do for your country.”が有名です。

John F. Kennedy
4. “Gettysburg Address” By Abraham Lincoln

米国大統領アブラハム・リンカンが1863年に行った有名な演説です。
“government of the people, by the people, for the people”は、民主主義の本質を端的に表現した一節として有名です。

Abraham Lincoln

名スピーチを暗唱しよう

費用のイメージ

レッスンを受けるための費用は、①入会金、②レッスン料、③教材費、の合計です。

①入会金

15,000円です。入会金は最初のみ必要で、爾後は不要です。

②レッスン料

1コマ30分3,000円が基本です。これに必要なコマ数を掛けたものがレッスン料の総額になります。“I HAVE A DREAM”であれば、9回で修了するのが一応の目標ですので、3,000円×9=27,000円となります。ただし、1つのスピーチを修了するために必要なコマ数は、選択するスピーチ及び受講者様個人によって異なりますので、お問い合わせ及びSkype面談の際、講師にご相談ください。

お問い合わせ

PEPの講座は、事前に内容を十分にご説明し、納得いただいた上でお受けいただくようにしております。照会・相談等は全て無料であり、照会者様は、最終的に受講意思を表明される前であれば、いつでも自由に手続を中断できます。

照会の流れは、以下のようになります。

問い合わせフォームでPEPへコンタクト⇒PEPよりメール返信(ご質問等にお答えします)⇒さらに詳しい話が聞きたい場合はご希望により「Skype面談」をセット⇒Skype面談で疑問点等を解決し、受講するか否かを決定

Skype面談では、Skypeの予行演習を兼ねて講師とSkypeにて面談いただき、詳しいご説明を差し上げます。ご希望により、面談の中で体験レッスンも可能です。面談を受けた上で、受講されるか否かお決めいただきます。「少し考えてみる」と決定を保留されても全くOKです。

とりあえず、お問い合わせフォームより「講座に興味がある」旨を一言お知らせください。以下の手順をご案内いたします。

お問い合わせフォームへ

まず「講座に興味がある」旨、お知らせください。以降の手順をご案内いたします。また、ご質問等あれば、どうぞ一緒にお尋ねください。