PEP英語学校の理念

実務英語と受験英語を融合し、楽しく効率的に英語を学び、
各自の自己実現を目指す

私たちは、学習によって自己の才能を開花させることができます。そして個人が「本来あるべき自分」になって活躍するのは、社会全体にとっても望ましいことです。

今の日本で、英語学習を通じて自己実現したい人はたくさんいます。そして英語は単なる言葉ですから、これを学ぶ才能は誰にでもあります。ではなぜ「必ずしもすべての英語学習者が成功しているわけではない」という現状があるのでしょうか。

それは、多くの人が、英語を必要以上に複雑で難解な学問ととらえて苦労したり、逆に安直に考えすぎて実力がつかなかったりするからです。こうした人々は、やがて勉強に嫌気がさし、せっかく持っている才能を現実化できないままになってしまいます。

この問題に関して、英語教育界には「実用英語と受験英語はどちらがよいか」という議論があります。しかし、両者は排斥し合うものではなく、それぞれ良いところがあります。英語の「実用性」を目標とし、かつ「正確性」を意識する、という姿勢で臨めば、学習者は英語を楽しくかつ効率的に学べるとともに、新しい自己を発見できます。

PEP英語学校には、通訳・翻訳などで使われる実用英語と、資格試験・大学入試などで使われる受験英語の両方のリソースがあります。この両者の長所を取り入れることによって英語力を高め、学習者の潜在能力を花開かせることをPEPは自らの理念としています。PEPで学べば、これまで実用英語や受験英語に偏っていた人も、それまでの努力を生かしたまま上達することができます。

校名の“PEP”とは「元気」という意味の英語です。これは「自己実現を楽しく」という意味が込められています。そして“PEP”は頭文字語でもあって“Professional English Project”の略です。でも、決してプロ志望者だけのための学校ではありません。

英語学習による自己実現は、英語で仕事をすることだけではなく、趣味として英語を学び、人生を充実させることも立派な自己実現です。ただ、たとえプロにならなくても、プロに憧れるのは健全な学びのマインドセットなので、学習目標として「プロ英語」を揚げたのです。

だからPEPでは受講生の方々に、野球少年がプロ選手に憧れるような気持ちで英語を勉強していただきたいのです。英語は英語としてあくまで1つであって、アマもプロも同じ線上にあります。PEPは、一人でも多くの方がこの道を、それぞれの自己実現に向かって歩き始められるように願っています。

PEP英語学校校長 杉森 元