2020年夏開催イベント

PEP英語学校主催、毎年恒例のセミナーを今年は新作動画でお届けします。
全語学共通たる二次口述試験につき、最新の傾向と対策をお話しします。
英語以外の言語で受験される方、来年度以降受験予定の方も、ぜひご覧ください。
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも受講可能。開催期間中、ご自身のペースで、追加料金なしに何度でも繰り返し視聴OK。高コスパ、安心、フレキシブルなセミナーです!

受講申込 下記申込フォームに必要事項記入の上、PEPへ送信ください。自動返信メールを確認の上、費用を指定銀行口座まで入金ください。入金確認後、PEPよりメールにてパスワードをお知らせし、教材を郵送いたします。
受講方法 教室ページへパスワードを入力してお入りいただき、動画を視聴ください。
受講料 2,000円
配布レジメ こちらからダウンロードしてご利用ください。
テキスト

①『2019過去問詳解(上)』(定価5,800円)と、②『七番勝負』(定価2,800円)の書籍2冊が指定されています。(受講申込と同時にこれらを購入申込いただいた場合は、各1,000円OFFのお得な価格でお求めいただけます。既にお持ちの物がある場合には、重ねて購入する必要はありません)。

講師

杉森 元(PEP英語学校 校長)プロフィールはこちら

講義動画一覧
第1講「挨拶・全体説明」(12:45)
本セミナーの導入部です。講座の趣旨、構成等につきお話しします。
第2講「二次口述試験の全体像」(48:20)
課題の各論に入る前に、総論として、二次口述本試験の全体像を把握します。
第3講「通訳1 理論編」(1:14:33)
各課題の中で、言語活動的に最も「異端」といえるのが「通訳」です。通訳とは、そもそもどのような行為なのか、を理論的に明らかにすることにより、正しい練習方法を探ります。
第4講「通訳2 演習編」(51:45)
前講の理論に基づき、正しい通訳練習方法を紹介します。
第5講「実務質疑」(41:02)
2018年度より加わった新課題「実務質疑」の解答法を紹介します。
第6講「プレゼン1 理論編」(1:02:07)
現実のガイド業務に最も近い課題が「プレゼンテーション」です。外国人観光客の関心事について、2分間でいかにプレゼンすべきか、を明らかにします。
第7講「プレゼン2 演習編」(28:07)
前講の理論に基づき、プレゼンテーションの具体的練習法を紹介します。
第8講「出題予想」(13:01)
今の社会状況を勘案し、出題を予想します。
第9講「学習計画の立て方」(18:31)
どのような順番でどのような教材をどう使えばいいかについてお話します。
第10講「その他」(20:33)
軽めの話にしようと思います。
ちらし 筆記試験会場で配布のフライヤーです。ご覧ください。2020年度全国通訳案内士試験二次口述特別セミナーちらし
『面接再現動画』の麻里先生のご主人のレストラン「オステリア武」のワインプレゼント券付きです。ぜひどうぞ!

2020年講義動画

第1講「全体説明」と第9講「学習計画の立て方」の動画です。無料・一般公開します。
その他動画はお申込みいただいた方への限定公開となります。

第1講「全体説明」

第9講「学習計画の立て方」

2020年セミナー申し込みフォーム

受講にあたり指定の必携教材下記2点をお求めいただきます。
この申込フォームで動画視聴と同時に購入申込いただいた場合に限り、各1,000円OFFでご提供します。

  • 1. 必携教材①『2019過去問詳解(上)(定価5,800円)⇒4,800円』
  • 2. 必携教材②『逐次通訳七番勝負!【改訂版】(定価2,800円⇒1,800円)』

(各教材の内容については筆記試験会場配布フライヤーをご覧ください)

なお、既にお持ちの場合は、それをそのままご利用いただけますので、重ねて購入する必要はありません。下記フォームのコースより必要な内容を選択してお申し込みください。

確認用アドレスと一致しません。
コース 必須
  • [A] 受講料 2,000円
  • [B] 必携教材① 4,800円(定価 5,800円)
  • [C] 必携教材② 1,800円(定価 2,800円)
  • 合計金額 [A+B+C] 8,600円(2,000円割引・実質受講料が無料となります!)
  • [A] 受講料 2,000円
  • [B] 必携教材① 4,800円(定価 5,800円)
  • 合計金額 [A+B] 6,800円(1,000円割引)
  • [A] 受講料 2,000円
  • [C] 必携教材② 1,800円(定価 2,800円)
  • 合計金額 [A+C] 3,800円(1,000円割引)
  • [A] 受講料 2,000円
  • 合計金額 [A] 2,000円

※上記のご住所とは別の場所への教材送付をご希望される場合等には、その旨こちらからお知らせください

※次ページに確認画面がありません。こちらのボタンでお申込み確定となります。

2020年度全国通訳案内士試験二次口述特別セミナー詳細

2019年夏開催イベント

2019年の二次口述特別セミナーは終了いたしました。お越しいただきました皆さまありがとうございました。

2019年度全国通訳案内士試験二次口述特別セミナー
WEBちらし イベント詳細ちらしをご覧ください。2019年度全国通訳案内士試験二次口述特別セミナーちらし
日時 2019年9月1日(日)13:00(12:00より入場可)~18:00頃
場所 貸教室・貸会議室 内海 4F教室(〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-6-15 東京学院ビル)
分かりやすい会場図をご覧いただけます。会場図はこちらから
受講料 8,000円(但し、実質は下記の通り、無料プラスおつりが来ます!)
講師 杉森 元(PEP英語学校校長)プロフィールはこちら
講義タイムテーブル こちらをご確認ください(pdf)
参加特典

『逐次通訳七番勝負!』(2,800円)と『H30過去問詳解(上)』(5800円)をプレゼント!

両書ともに、二次口述試験対策の基本書として高い評価を各方面から得ています。

当該書籍をすでにお持ちの方は、その旨、予約時に申告の上、同書籍を会場まで持参ください。
受付で呈示いただければ、書籍代金相当額分の金券を差し上げます。なお、当日の講義では、両書をテキストとして使用します。

②二次口述対策オリジナル教材を当日会場限定特別割引価格にて販売!

全て購入前に手に取ってご覧いただけます。CDやDVD等の試視聴も可。通常必要な口座振込手数料等が不要な上、年に一度の特別割引価格で教材をゲット!

③福引により金券プレゼント!

最高で3,000円分、最低でも400円分の金券がもれなく当たり、当日の教材購入に使えます(①の金券及び②の特別割引価格との併用OK)。 ⇒よって、実質「最高で3,600円、最低で1,000円トクし、かつ特別割引価格で教材を購入できる上、無料で講義を受けられる」ことになります。

申込手続の流れ
  1. 申込フォームへ必要事項を記入してPEPへ送信(この時点ではまだ参加確定ではないことにご注意ください)
  2. 送信直後に、送信内容を確認する自動返信メールがPEPより届く(このメールが届かない場合は、WEB不具合の可能性があるので、お問い合わせフォームからお問い合わせの上、ご確認ください)
  3. 送信後、2日以内にPEPより「セミナー受講申込受諾メール」が届き、参加確定
  4. ※何らかの原因でWEBに不具合が生じ、申込フォームが機能しない等の場合 メールにて、出席希望の旨の他、①お名前(フルネーム、ふりがな)、②お電話番号、③ご住所、④『過去問詳解』を持ち込むか会場で受け取るか、⑤『七番勝負』を持ち込むか会場で受け取るか、をご記入の上、info@pep-eigo.comまで送信ください(FAXや電話も可ですが、電話は繋がりにくいことがあります)。当方より折り返しご連絡いたします。
注意事項
  • 教室は冷房されているので、寒いのが苦手な方は、カーディガン等で適宜調節されるようにお願いいたします。
  • 当日の教材購入の支払方法は、現金のみとなります。
  • 当日、講義を録画いたします。また、教室の後ろから講義中の様子を数枚写真に撮らせていただきます。その際、受講者様のプライバシーには十分配慮いたします。
  • テキストを持ち込み、書籍代相当額の金券を受け取るためには、①その旨、申込時に申告すること、②来場時に受付にてテキストを提示すること、が要件となります。これがない場合は、金券ではなくテキストをお受けいただくことになります。
  • 講義開始は13:00ですが、12:00より入場できます。早めにおいでいただければ、PEPの教材ショップをゆっくりご覧いただけます(例年、開始後の休憩時間はショップが混雑します)。

イベント当日に教材を販売します

新形式の通訳案内士試験二次口述対策の教材は、非常に希少です。これは、英検、TOEIC等、他の英語関連試験に比べ、ガイド試験はその内容が特殊なため、作成するのに特別の知識が必要な一方、受験者数は比較的まだ少ないため、商業的に成り立ちにくいからです。この点、当校は独自に優秀なオリジナル教材を多数作成の上、一般に市販しており、各大学図書館や他の教育機関にも納入実績があります。

ただ、やはり大量生産ができませんので、当校の教材は、毎年試験直前期に品薄になります。お早目のご入手をお勧めいたします。なお、基本的に一般書店には置いておらず、入手経路は、①当HPオンラインストア、②Amazon委託販売、③PEP英語学校プロショップ、のみとなります。(長野市の平安堂さまには一部、取り扱いをいただいています)。

本セミナー会場では、一部の教材を当日会場限定特価にて販売いたします。講義の合間の休憩時間に、じっくりと手に取ってご覧いただいた上でご購入いただけます。

それでは、会場でお目にかかりましょう!

2019セミナーの様子

セミナー受講者の感想

  • 終始落ち着いた口調でお話しいただき、時間を感じずに集中して聴けました。来てよかったです。二次口述については、これまで全く手探りでしたが、『過去問詳解』の背表紙の一覧表で可視化できました。ありがとうございました。(S.S様、女性)
  • 私は、なかなか一次試験合格にたどり着けていないのですが、このセミナーは能力向上に役立っていると感じます。プレゼン理論を教わったおかげで、トピックの準備が蓄積し、プレゼンの練習が進んでいます。それから、通訳理論を学んで、「聴く」ことの重要性に対する理解が深まりました。あとは練習あるのみ。ありがとうございました。(Y.I様、男性)
  • 通訳につき、「日本語でリプロダクションできれば通訳ができる」とのお話は目からウロコでした。過去問を素材として勉強する、という勉強法も説得力がありました。大変参考になりました。(K.N様、男性)
  • 日本語でのリプロダクション練習を見せていただき、「通訳することは聴くこと」と納得いたしました。また、「二次口述試験は課題タスク」とお聞きし、「課題ならばクリアできるかも」という希望が持てました。質疑の練習も聞け、ためになりました。(H.I様、男性、自営業)
  • 二次試験の細かいところを丁寧に説明していただき、ありがとうございました。一次筆記試験を自己採点したら、歴史が基準点に1点足りず、二次試験を受けられるかわからないのですが、受かった場合のために、今回受講しました。いろいろ教材を買ったので、準備を進めていこうと思っています。話者の日本語をきちんと聞いて覚えておくことが大事なのですね。今までは、日本語を英語に訳すことに重点を置くのが通訳の仕事だと思っていました。充実した内容の説明を聴けてよかったです。(Y.I様、女性)
  • 海外経験等がなく、英語のアウトプットが苦手で、昨年の二次試験は手も足も出ませんでした。今回のセミナーは、日本語での聴き方、考え方、表現の仕方を磨ける、とても実践的な内容でした。これらの部分を頑張ることで、英語表現が苦手な私でも、何とか二次をパスできるよう、練習を重ねていきたいと思います。(N.S様、男性)
  • 大変参考になりました。通訳演習の方法等、これから学習方法について、本試験まで、いろいろ質問、勉強させていただきます。(S.O様、男性、英検1級)
  • 本日のセミナーに参加して、大変良かったと思いました。特に通訳理論は非常に参考になりました。(K.M様、男性)
  • 本日はどうもありがとうございました。通訳について、リテンションの大切さがよくわかりましたが、同時に練習が必要ということも実感しました。Skype個人レッスンを検討したいと思います。(S.H様、女性、外資系)
  • よく構成された講義でした。欲をいうと、質問の時間がもう少し長ければもっと良かったです。トラブルに対応する課題で、通訳側にどのくらいの裁量があるのか、などを知りたいです。ありがとうございました。(男性、英検1級、公務員)
  • 実践的で、非常にわかりやすい講義でした。ありがとうございました。(男性、翻訳業)
  • とても充実した内容でした。通訳については、目からウロコも内容でした。通訳に興味が出てきました。(K.H様、女性)
  • 動画を交えた説明が分かりやすかったです。また、受講者に演習をさせるのは、非常に良かったと思います。(男性、英検1級)
  • 実技の後の説明がとてもしっくりと分かりやすかったです。やはり、ただ講義を受けるだけではなく、実際にやってみることで理解度に大きな差が出ることが実感できました。ありがとうございました。(Y.K様、男性)
  • 二次口述試験の変更点など、具体的な例を動画とコメントで確認できたのがよかったです。「通訳理論」は、目からウロコでした。セミナーを受けることができてよかったです。(S.K様、女性)
  • 本日は、非常に勉強になりました。教材も安く購入できてよかったです。これからこれらの教材を使って学習していきたいと思います。ありがとうございました。(K.O様、男性、翻訳業)
  • 大変参考になりました。『過去問詳解』シリーズは、H25~30年度まで、全て購入しています。「通訳技術」「通訳理論」についての講義は、特に参考になりました。(K.G様、男性)
  • 自分で考えていた学習方法と大きな違いが見つかりました。ありがとうございました。日英通訳については、日本語のヒアリングが重要で、「聴く」ことの重要性に気づかされました。プレゼンでは、基本の三部構成を守ることの大切さを学ぶことができました。(T.T様、男性)
  • 二次口述試験の受験準備をするにあたっての心構えが理解できました。また、体系的なアプローチをもって臨む必要性を強く感じました。イメージしやすい講義、ありがとうございました。(A.N様、男性)
  • いろいろな課題を実際にやってみる演習により、今後の学習のイメージを付けることができました。ありがとうございました。(Y.S様、男性)

2018年夏開催イベント

セミナー受講者の感想

  • 先生ご自身が通訳の御経験者、パイオニア?!ということもあり、とても的確で分かりやすい説明と、合格するための大事な「コツ」をちゃんと教えていただき感動しました。他の学校ではここまでちゃんと教えてくれないところが多い印象があり、こちらの学校は二次対策としては一番合格に近づける学校だと感じました。(主婦、パート)
  • 昨年は、PEPを含めて3つの予備校のセミナーに参加しましたが、PEPが一番ためになったので、今年はPEPだけに参りました。二次まで約3か月、突進したいと思います。Thank you! (大学教授秘書)
  • 素晴らしいセミナーをありがとうございました。『七番勝負』でこれから勉強します。(会社役員・男性)
  • 二次試験における逐次通訳・プレゼンテーションの実施要領について、本当にわかりやすく丁寧に分析して講義していただき、大変自信がつきました。実戦的に解答をさせるところもあり、緊張感を持って受講でき、よかったです。(男性、専門学校講師)
  • 通訳理論は「目からウロコ」でした!メモの取り方を練習しないといけない、と思っていたのですが、聴解、リプロダクションが大事なんですね。今まで他の予備校の説明会に参加してきましたが、杉森先生のセミナーが一番実戦的で即役に立つ内容でした。(女性日本語教師)
  • 「日本語を聞き取って憶えることが一番難しい」―私にとって、目からウロコでした。「オウム返し」⇒「言い換え」⇒「お絵かき」という練習法は、さっそく試してみます。本当に勉強になり、参加して良かったです。(公務員男性)
  • 「逐次通訳」のセッションで、通訳と通常の会話との違いがよくわかりました。その対策として、最初の一言を注意して聴くということの重要性もよく理解できました。通訳メモの取り方も、とても役に立ちました。(男性)
  • 非常に有益なセミナーを開催いただき、ありがとうございます。二次口述の様子や通訳についてとても分かりやすくご説明いただき助かりました。Skype個人レッスンを受けさせていただく際は、よろしくお願いします。(会社員)
  • メモ書きのグラフィック化が参考になりました。プレゼンの組み立て方も、非常に役に立ちそうです。(主婦)
  • 通訳についての考え方・アプローチが、合理的に理解できました。ありがとうございます。(男性会社員)
  • 日英通訳では、なぜ聞き取れないのか、どうすればイメージして、通訳できるようになるかについて、分かりやすく説明していただきました。(女性)
  • これまで他校の2次対策セミナーを受講し、従来型の対策で良いと思い込んでしまったのは、間違っていたと思っています。(男性会社員)
  • 通訳理論に関して、目からウロコ的なお話が聞けて良かったです。リプロダクションの練習にひたすら取り組みたいと考えています。(男性会社員・英検2級)
  • 「通訳聴き」という概念、お絵かきエクササイズ(イメージ化とメモ取りの練習)が特に大変参考になった。今後、訓練を積んでいきたい。(無職、男性)
  • 逐次通訳について詳細を知り、その準備についての説明に納得し、3か月間の学習に励みたいと思います。プレゼン対策も、具体的な説明でわかりやすかった。ありがとうございました。(無職・中国語受験)
  • 通訳案内士二次試験の内容、通訳・プレゼンの内容がよく理解できました。特に「通訳聴き」が参考になりました。プレゼンでは、ガイディングの視点で楽しく、役に立つ点も大いに参考になりました。ありがとうございました。(男性)
  • 正しい通訳のプロセスで「通訳聴き」の重要性をあらためて認識しました。また、集中力の対象は何かで、今後の通訳レッスンの方法がよく理解できましたので、訓練していきたいと思います。ありがとうございました。(無職)
  • 二次試験に即した内容が興味深く、また今後ためになること多々で、眠くもならずに充実したセミナーでした。貴重なセミナーありがとうございました!(男性会社員)
  • 通訳のプロセスのお話が興味深かったです。英語の表現を身に付けたり、語彙をできるだけ多くインプットすれば対応できると思っていたのが、日本語を再生できる力が一番大切とは!(公立学校職員)
  • 通訳と英作文の違いについての説明がためになりました。また、問題文を正確に聴き記憶することの大切さを知り、今後の勉強に役立てていきたいと思います。(主婦)

過去のセミナー【YouTube】

セッション1「二次口述試験の全体像」

セッション2「逐次通訳の実践と理論」

セッション3「通訳レッスン」

セッション4「プレゼンテーションの理論」