教材FAQ(よくある質問)

A. 全部、PEPが自信を持ってお勧めできます、とお答えしたいところですが(ホントにそうですが)、それでは困ってしまいますよね(笑)。とりあえず、一般のガイド試験受験者が最初に入手すべきミニマムとしては、

  1. 『過去問詳解』の直近版
  2. 『逐次通訳七番勝負!』
  3. 『モデル・プレゼンテーション集(予想問題編)』のVOL.1~4のうち、どれか1つ
を揃えることをお勧めします。これで、ガイド二次試験の、①全体像、②通訳課題、③プレゼンテーション課題、の全分野を把握できるからです。これ以外に、お値段的には、DVD教材『逐次通訳十番勝負!』が、おまけDVD付なので、お得です。実際、最もよく売れているアイテムです。また、DVD教材『逐次通訳過去問勝負!』は、スクリプトが付属していない(スクリプトが必要な場合は書籍『過去問詳解』を参照ください)分、『番勝負』よりも安く価格設定してあります。 それから、在庫クリアランスで割引販売がされている教材は、「絶対買い!」です。さらに、普及目的で採算度外視で作成されたDVD『Sample+3』はお得です(『Sample+3』は定価100円であり、値引の対象外です)。

A. 重複は全くありません。全て別の問題です。よって、たとえば『十番勝負』『五番勝負』『三番勝負』を全部お買い上げいただければ、合計18問の逐次通訳問題が手に入ります(おまけで『二番勝負』『一番勝負』が付いてくるので、実際には21問の問題が手に入ります)。

A. 掲載されているプレゼンテーションの英文及び和訳文は、両者とも同一のものです。ただし、H25年に新形式が導入された際、JNTOが示した「サンプル問題」の解答例は、『過去問詳解』には収録されておらず、『モデル・プレゼンテーション集 過去問編Ⅰ』にのみ収録されています。

それ以外の相違点としては、『モデル・プレゼンテーション集 過去問編』は、過去問プレゼンテーションの演習に特化した編纂方針を採っていることがあります。具体的には、①解説につき、『過去問詳解』の解説が語句の注釈を中心としているのに対し、『モデル・プレゼンテーション集 過去問編』の解説は、出題趣旨、スピーチの構造、背景知識、等にフォーカスしていること、②『モデル・プレゼンテーション集 過去問編』は、持ち運びしやすいA5サイズで(『過去問詳解』は一回り大きいB5サイズ)、英日見開きレイアウトを採用し、朗読CDが添付されていること、などの違いがあります。

このように、両者は一部重複があるものの、一応、その守備範囲を分けていますので、両方を併用されることをお勧めしています。あえてどちらか片方を選ぶ場合は、一般的には『過去問詳解』の方をお勧めしています。ただし、実は、試験合格後も、各ガイド団体でプレゼンテーション演習が課され、ガイドの研鑽の一部としてプレゼンテーションの勉強は続きます。多くの合格者の方が、そのような場合に、『モデル・プレゼンテーション集 過去問編』が大変役に立つ、と言われて合格後にこれを購入されています。よって、『モデル・プレゼンテーション集 過去問編』を揃えておくことは、合格後を見据えた損のない先行投資といえるでしょう。

A.Skype個人レッスンを受講される場合には、以下の教材をお求めいただいています。

  1. 『過去問詳解』の全年度版(H25年度版~直近版まで)
  2. 『逐次通訳七番勝負!』(改訂版)
  3. 『モデル・プレゼンテーション集(予想問題編)VOL.1』
上記アイテムのうち、既にお持ちのものがあれば、重ねて購入の必要はありません。

新たにお求めになられる場合は、ぜひPEP英語学校HPのお問い合わせフォーム等でご相談ください。場合により、お得なセール価格でご案内できることがあります。また、毎年、一次筆記試験の直後に行われる夏の「二次口述特別セミナー」では、大きな値引きがありますので、ご参加の場合は、当日会場で各アイテムをお求めになられるのがお得です。